じつは、英語と比べた場合、あくまで個人的な感覚なのですが、タガログのアクセントは難しくはありません。

しかし、日本人には使わない発音だったり、ローマ字で読めるはずのタガログ語には少しだけ読み方が難しい言葉が存在します。

例えば、LとRの発音の違いなんかはタガログ語では英語の発音となるため、日本人には聞き分けが非常に難しいのです。
ちなみにLとR以外の発音はカタカナの読みで大丈夫ですのでそれほど苦戦することはないでしょう。

ローマ字で読めるはずのタガログ語のなかには、「ng」という言葉が存在しますが、日本人には読めませんよね。
これは『ナン』と発音するのが正解で、最初は全く意味が分かりませんでした。

ですが、慣れてしまうと気にならなくなるんですよね
今では、ngという言葉をみるだけで頭の中では『ナン』というイメージに変わっていますからね。

例えば、『magandang gabi』というタガログ語は、「こんばんは」の意味ですが、アクセントは(マガンダン ガビ)となり、gの発音はないということがお分かりになっていただけるかと思います。

そして、もう少しだけ上級になると、ngに母音がつく言葉のアクセントも分かるようになります。
母音ということは、nga、ngi、ngu、nge、ngoでそれぞれの発音は、

ンガ、ンギ、ング、ンゲ、ンゴ

となりますが、本当のアクセントは少し違っていて日本人には使わないアクセントだということです。

俺もいまだにフィリピン人の嫁のアクセントを聞いてもはっきりとは理解できていませんw

そして、フィリピン人のタガログ語のアクセントというかなんというか・・・

なにが言いたいのかというと、タガログ語自体のアクセントは英語と比べたら全く難しくはないけど、、、
みんなすごく早口なので、最初は呪文か何かを唱えているんだと俺は思ったくらい聞き取るのが難しかったんですwww

今では、そこに関してはさすがに慣れましたが、とにかくフィリピン人と話すことがタガログ語のアクセントを早くマスターするコツだと俺は思います!